パナソニックQE-PL301 エネループ無接点充電Qi(チー)対応大容量モバイルバッテリー

Qi(チー)対応で大容量、比較的コンパクト。伝統のブランドPanasonicから。

モバイルバッテリーのQE-PL301をピックアップ。

Qiとは、ワイヤレス給電の規格のことです。

無接点充電のスタンダードQi。

要するに「置くだけ充電」ができるということです。

そんな未来チックなQi対応エネループの情報をお伝えします。

スクリーンショット_2013_01_29_18_01-3

Panasonic Qi対応(無接点充電対応) USBモバイル電源パック リチウムイオン 8,100mAh 黒 QE-PL301-K

 1.大容量8100mAh

一般的なスマートフォンを3回も充電できます。iPadの充電はゼロからの充電で約40%回復します。

もし外出先でiPadのバッテリーがゼロになってしまっても、40%あれば大丈夫。

2.大きさ、重さ

高さはiPhone4Sより少し低いくらいです。厚みはiPhone4S2個分ぐらいで収まっています。

この容量を考えると、かなりコンパクトに設計されていると思います。

重いと感じる方もいらっしゃいますが、220グラムですので缶コーヒーほどしかありません。8100mAhを考えると、むしろ軽いぐらいです。

 3.バッテリー残量は3色のLEDで確認

QE-PL301は色でバッテリー残量を確認するタイプです。
緑・黄色・赤の3段階です。

緑:約60%~100%
黄:約30%~60%
赤:30%以下

緑は余裕、黄色はまだ使える、赤は危ないというような感覚でいいと思います。

 4.無接点充電のqi(チー)対応

パナソニックのCharge Padを使ってエネループQE-PL301本体を充電の状態を商品レビューより抜粋すると。

以下

Charge Padの上にQE-PL301を置いてみると……意外にも雰囲気出ています。もっと淡白に充電されるだけかと思っていたのですが。80%ぐらいまではガンガン充電され、それ以降は緩やかに充電されていく感じです。満充電までは10時間以上かかりました。

やはりUSBケーブルを使わなくても充電できるところに最大の利点があります。通勤先にCharge Padを置いておくだけでコードを持っていく手間が省けます。

コード1本ぐらいと思われるかもしれませんが、持ち物はなるべく減らしていかないと重くなる一方ですし、本当に必要な物を出すときに余分なものがあるとそれだけ邪魔になります。

qiの規格も各社共通ですので、将来的にWi-Fi環境のあるお店があるのと同様に、qiで充電できるカフェなどが当然の時代が来るかもしれません。現段階ではまだあまり普及していないのが残念です。

USBポートからも充電できます。USBポートが2つあるため、スマートフォンとPS Vitaなどの携帯ゲーム機を同時に充電できます。

1つのポートだけで充電すると高速の1.5Aです。iPhoneなどを充電する場合は、1ポートのみ使った方がいいかもしれません。

Panasonic Qi対応(無接点充電対応) USBモバイル電源パック リチウムイオン 8,100mAh 黒 QE-PL301-K

スペック

QE-PL301

スマートフォンフル充電回数の目安 約3回※1

電池容量 Li-ion min.8,100mAh/3.7V※2

充電時間 無接点充電パッド:10.5時間※3

AC電源:約10.5時間※4

USB:約21時間※4

USBポート数 充電用/供給用 1(MicroUSB)/2(USB-A)

USB出力 DC5V 1.5A(MAX)

(2ポート合計)

無接点充電規格 Qi(チー)※5

本体寸法 約高さ24×幅108×奥行68mm