スマホバッテリー.net

節電方法を知ってiPhoneのバッテリーを長持ちさせよう

3way 三叉USBコード

iPhoneは高性能であるが故にバッテリーも多く消費します。特に無駄な電力を消費し続けるとバッテリーの減りが目に見えて早くなることも。しかし節電のために止める機能を多くすると利便性が損なわれます。


そこでiPhoneの機能をなるべく制限しない範囲での節電方法を紹介します。重要な時に限ってなくなるということがないよう、普段からまめな節電を心がけることは大事です。

スマホ充電器(モバイルバッテリー)を持っている方でも充電した瞬間からバッテリーがどんどん減っていくのは面倒なので、ある程度節電を心がけることをおすすめします。スマホ充電器の充電ができていないケースにも役に立つテクニックです。

位置情報サービスをオフに

ホーム画面の「設定」→「位置情報サービス」を「オフ」

位置情報サービスを使用しているアプリは意外に多いのですが、必要なくても常に位置情報を取得するので電力の浪費につながります。必要なアプリ以外の位置情報サービスをオフにすると節電効果アリです。もちろん全部必要ない時は全部オフでも問題ないと思います。

Wi-Fiをオフに

ホーム画面の「設定」→「Wi-Fi」の「オン」を「オフ」

「Wi-Fi」が「オン」になっていると常に無線LANを探すので、使っていないときは切りましょう。ちなみにWi-Fiを切っても3G回線は残るので普通にメールもインターネットもできます。

Bluetoothをオフに

ホーム画面の「設定」→「一般」→「Bluetooth」を「オフ」

Bluetoothは無線規格の1つです。Bluetooth対応の製品を使っていなければ切っても問題はありません。

画面の明るさを抑える

1.ホーム画面の「設定」→「明るさ」→「明るさの自動調節」の「オン」を「オフ」
2.明るさを調節

明るめに設定するとそれだけバッテリーを消費します。暗くすると見づらいですが、明るくしすぎても目がチカチカするのである程度明るさを抑えることは大事です。バッテリー残量がピンチの時はギリギリ見える程度の明るさに設定するのがおすすめです。

自動ロックを早めに設定

ホーム画面の「設定」→「一般」→「自動ロック」から短めの時間を選択

使っていない時に自動で画面が消える時間を設定できます。おそらく1分に設定しても普通に使う分には問題ないと思います。

頻繁にスリープにする

ディスプレイをつけっぱなしにしておくとその分だけ電力を消費します。使い終わったらすぐスリープする癖をつけておけばその分バッテリーが減りにくくなります。

バックグラウンドで動いているアプリを消す

ホームボタン2度押し→アイコンのどれか1つを長押し→アイコンが揺れて赤いマイナスマークが出るのでそれをクリック

ホームボタンを押しただけではアプリは終了していません。バックグラウンドで動き続けています。実際自分が思っているよりも多くのアプリが起動していたりします。

機内モードをオンに

ホーム画面の「設定」→「機内モード」を「オン」

機 内モードは究極の節電方法で、「オン」にすると通信ができなくなります。どういうシチュエーションで使うのかというと、電波が悪い場所や圏外のところにい るときです。圏外でも電波を探そうとし、その結果バッテリーがどんどん減っていきます。電波が不安定な場所や入らなそうなところで役に立つ機能です。

プッシュをオフに

ホーム画面の「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」→「プッシュ」を「オフ」に

プッシュ通知とは、メールの着信などの新規データが入ったらホーム画面にリアルタイムでお知らせしてくれる便利な機能です。私の場合これを切ると不安になるので基本的に「オン」にして、バッテリー残量が危ないときだけ「オフ」にしています。

最後に

これらの方法は面倒に思えますが、1度覚えるだけであとは素早くカスタマイズできるようになります。iPhoneの機能を制限するというより、使わない部屋の電気を切るのと同じように「付けっぱなしにしない・使わない時は切る」という発想の方が近いです。また節電方法1つ1つは細かいことになりますが、それらを積み重ねることにより電力が守られる結果になります。

]